ソフティアU

おかゆをゼリーにしたい方へ 飲み込みにやさしいゼリーがつくれる おかずにも、冷凍で作り置き可

製品特長

  1. 70℃で固形化、
    冷却不要

    70℃で固形化するため、冷却作業の必要はありません。冷凍保存も可能で、調理作業の効率アップに貢献します。

  2. 少量でもしっかり
    固形化!

    基本の添加量は、食材100gに対し、「ソフティアU」0.3~0.75gです。「おかゆゼリー 200g」をつくるなら、スティックタイプ1包で約3杯分と経済的。

  3. お粥以外の食材にも
    応用可能

    お粥をはじめとする「でんぷんを含む食材」はもちろん、「他の食材」にも使用できます。

    ※写真は「ゼリーでできたうどん」「お茶ゼリー」

ミキサーによる簡単調理で
とろり、なめらか
飲み込みにやさしいおかゆゼリーを

主食となる「おかゆ」には「全がゆ」や「七分がゆ」があり、その人にあわせて療養食や介護食として提供されています。米粒のあるおかゆが食べにくい、飲み込みにくいといった状況であれば、医療機関で利用が進む「おかゆゼリー」をとり入れてみませんか。
『ソフティアU』は、おかゆゼリーがつくれる専用のゲル化材。70℃以上の熱々のおかゆと一緒にミキサーにかけるだけで、ダマにならず、なめらかなゼリー状に仕上がります。70℃で固形化するため、冷却作業の必要はなく、冷凍保存が可能な点も魅力。まとめてつくって、1食分(200g)を目安に小分けにして保存すれば、介護食づくりの負担も軽減できます。さらにスティックタイプ1包で、「おかゆゼリー」約3杯分がつくれるので、経済的にもうれしいポイント。
でんぷん質の食材(米、パン、麺類)はもちろん、その他の食材を固形化する際にも幅広く使え、飲み込みにやさしいテクスチャーに仕上がります。

使い方

全粥ゼリーの作り方
ソフティアU
熱々の全粥1杯分(200g)にソフティアUのスティックタイプ1/3包(1g)を加え、よくかき混ぜます。

※70℃以上(やけどにご注意ください)

ミキサー粥ゼリーの作り方
ソフティアU
①熱々のおかゆをミキサーに入れます。おかゆが冷めている場合は鍋かレンジで温めてください。
ソフティアU
②ソフティアUを入れ、1分間ミキサーにかけます。
ソフティアU
③器に移してできあがり。
【動画】お粥ミキサーゼリーを作る【ソフティアU】
ミキサー食(おかゆ以外)の作り方
ソフティアU
①温かい食材と温かいだし汁を入れ、ミキサーにかけます。なめらかになったら、ソフティアUを加え、ミキサーで撹拌します。
ソフティアU
②鍋に移し、70℃以上に十分加熱します。
ソフティアU
③冷めないうちに型に流し込みます。ラップなどをつかうと、よりリアルに成形できます。
ソフティアU
④固まったら、適度な大きさに切り分け盛り付けます。

※温めて召し上がる場合には、湯せんや温冷配膳車などで温めてください。65℃までゼリーは溶けません。

お客様の声

Q&A

ゼリーの冷凍保存はできますか?

冷凍保存は可能です。解凍方法は、電子レンジまたは湯せんで加熱してください。一度溶かすと、ゼリーが緩くなってしまいますが、70℃以下になれば固まります。

ゼリーの温め方を教えてください。

温めて召し上がる場合には、湯せんなどで温めてください。電子レンジの場合は、溶けないように、数秒単位で様子を見ながら加熱してください。65℃までゼリーは溶けません。

ソフティアUは、おかゆ以外の食材にも使用できますか?

おかゆ以外にも、ご使用いただけます。特に、でんぷんを多く含む食材のベタつきを押さえ、飲み込みにやさしいテクスチャーに仕上がります。

味付きのお粥がうまく固まりません。

ソフティアUを加え、ミキサーで攪拌した後、鍋で加熱してください。加熱により、固形化しやすくなります。

ラインナップ